15世紀の中国 明王朝 永楽帝と土木の変

前回の復習 16世紀前半の中国

 16世紀前半の中国は、明王朝の時代。15世紀後半から始まる北虜南倭の混乱期である。

 今回は、15世紀初頭の永楽帝の全盛期から、北虜南倭の時代を見ていきます。

15世紀前半の国際情勢

 15世紀は、中世の終わりである。中世の特徴である。封建社会の崩壊が表面化していく時代である。

 日本は、室町時代。足利義満が南北朝の騒乱を終わらせる。15世紀後半の応仁の乱をきっかけに室町幕府の権威は低下。戦国時代へ向かっていく。

 ヨーロッパでは、百年戦争やイタリア戦争などの対外的な戦争や、イングランドのバラ戦争のような内乱など混乱した時代である。これにより、貴族が没落し、国王の権威が高まっていく。

永楽帝

クーデター)靖難の役

 永楽帝は、99年にクーデター(靖難の役)を成功。02年、皇帝に就任した。

北京遷都

 皇帝になる前、永楽帝は、モンゴル(北元)

内閣大学士の設置

 戦で勝利して権力を握ったものは、専制政治を取らざるを得ない。なぜなら、それまで政治の中枢にいたものは、敵であるからである。

 明王朝、初代皇帝の洪武帝は、専制政治を多なった。

 

朝貢と勘合貿易

 35年、乾隆帝が即位。ジュンガルを滅ぼして、最大版図を獲得する。

 58年、ジュンガルを滅ぼし、併合した。

 蔡牽(さいけん)が、1大勢力を築いた。南シナ海の制海権を得た。交易のために南シナ海を航行する船から通行税を取っていた。

 07年、清王朝は、蔡牽(さいけん)追討軍を派遣。09年にようやく鎮圧された。

鄭和の大航海

四書大全

科挙

四書大全、五経大全

永楽大典

47年、外国人宣教師の居住の禁止。

明王朝の衰退

幼少皇帝

北虜南倭① 北方騎馬民族とモンゴル

99年、イギリスに広州貿易を許す。

02年、広州・アモンで行商制度

15年、イギリス東インド会社、広東に商館設置。カスティリオーネ、北京に至る。

20年、広州で公行制度を導入

土木の変

北虜南倭② 後期倭寇

 後期倭寇

 福建省の農民反乱

 上海の工業化

一条鞭法

一条鞭法とは

銀の流入

モンゴルと清王朝

17年、広東で地丁銀制が導入。

雍正帝の時代に、全国に広まる。

 儒学とは、直接の関係はない。

 明代に成立した儒学の注釈書である四書大全とのひっかけ問題が多いので注意したい。

 ちなみに、明代にも同じことが行われた。こちらは、永楽大典である。

文化

儒教 陽明学

『水滸伝』

09年、円明園造営が始まる。

四代画家

 嘉慶帝が即位した翌年(96年)、白蓮教徒の乱が発生。中国全土に及ぶ大反乱になった。

 11年、『

 25年、『古今図書集成』

 ちなみに、乾隆帝は、99年に崩御した。