紀元前7世紀以前の歴史

各国の歴史

紀元前7世紀

 7世紀末、中東を統一したアッシリア帝国が崩壊。4つの国に分かれる。メディア王国(イラン)、新バビロニア王国(イラク、シリア)、リディア王国(トルコ)、エジプト新王国である。

 中国では、周王朝の勢いが衰え、春秋戦国の戦乱期に入っていった。

 インドでは、アーリア人がガンジス川流域に定住を始める。城壁をもつ都市国家が建設された。

 オリエントのアッシリア帝国がイランを征服。その後、エジプトを支配。

紀元前8世紀

 周王朝(中国)は、異民族の侵入により、鎬京(コウケイ、現在の西安)から洛邑(ラクユウ、現在の洛陽)へ遷都した。

 エジプトでは、クシュ王国(スーダン)の王がファラオを名乗る。

紀元前9世紀

紀元前10世紀

紀元前1000年頃、インドのアーリア人は北インドで農耕を行うようになる。

エジプトでは、クシュ王国(スーダン)が独立。

3千年前の世界

紀元前11世紀

 中国では、殷王朝が衰退。周王朝が成立した。

紀元前12世紀

 13世紀末から12世紀にかけて、東地中海(ギリシャ、ヒッタイト<トルコ>、エジプト)などで「海の民」が暴れまわる。

紀元前13世紀

 エジプト新王国とヒッタイト(トルコ)がシリアをめぐり戦争。世界最古の講和条約を締結。(ガディシュの戦い)。この時、モーセはエジプトからシリア南部(パレスチナ)へ戻る。

紀元前14世紀

 エジプトでアマルナ革命が起こる。その後、ツタンカーメンが即位。

紀元前15世紀

 紀元前1500年頃、インドのインダス川流域にアーリア人が侵入。

 エジプトは、ミタンニ(イラク北部)へ侵攻。さらに、クシュ王国(スーダン)を服従させる。

紀元前16世紀

 エジプトではヒクソスを撃退。新王国時代へ入る。

 メソポタミア(イラク)の北部で、アッシリア帝国がミタンニ王国の支配下に入る。

紀元前17世紀

 エジプトのファラオが、ヒクソス人になり、中王国時代が終わる。

紀元前18世紀

 エジプト中王国で、ヒクソスの侵入が始まる。

紀元前19世紀

 紀元前1800年ごろにインダス文明は滅亡した。

紀元前20世紀

 紀元前2千年紀初頭、北メソポタミアでアッシリア帝国を建国。

4000年以上前の世界

紀元前3千年紀
(4千年~5千年前)

 中国では、長江流域と黄河流域の交流が始まる。竜山文化の時代である。

 紀元前21世紀半ば、エジプトのテーベが再統一。中王国時代が始まる。

 紀元前22世紀半ば、エジプトで古王国時代が終わり、戦乱期入る。

 インドでは、紀元前2600年頃にインダス文明が起こる。同じ頃、エジプトでがピラミッドが造られるようになる。

 紀元前3000年頃、エジプトが統一国家が成立する。

紀元前5千年紀
(6千年~7千年前)

 中国では仰韶文化が起こる。

 エジプトで農耕が始まり、ノモスといわれる集落が誕生する。

紀元前6千年紀
(7千年~8千年前)

 中国で農耕が始まる。

9千年前

 オリエント(西アジア)で農耕や牧畜が始まる。これにより、人口は飛躍的に拡大。人々の定住が始まった。

1万年前

 最後の氷河期が終わる。地球は温暖化。イギリスや日本が大陸から別れ、アメリカ大陸がユーラシア大陸から分離した。

1万4千年前

 人類がアメリカ大陸へ渡った。当時は氷河期でロシアとアラスカは陸続きで歩いて渡ることができた。

人類誕生の歴史

新人

 20万年前に誕生。現在の人類である。6万年前に中東に入り、紀元前4万年前にはユーラシア大陸全体に広がった。

 ヨーロッパのクロマニヨン人や中国の周口店上洞人が代表例である。骨角器(動物の骨や角で作った道具)をつかうようになった。優れた洞窟絵画が残された。フランスのラスコーやスペインのアルタミラなどが有名である。

旧人

60万年前に誕生。死者を埋葬するなど精神文化が発達。ヨーロッパのネアンデルタール人が代表例。火のほかに毛皮を着ることで寒さをしのぐようになった。

原人

240万年前のアフリカに誕生。北京原人やジャワ原人などが代表例。ユーラシア大陸全体に広まった。火を使用するようになり、2つの氷河期(100万年前と50万年前)を乗り越えた。

猿人

700万年前のアフリカに誕生。直立二足歩行を始めて行った。アウストラロピテクスなどが代表例。打製石器を使用するものもあらわれた。