カテゴリー
イギリス史

1850年代のイギリス クリミア戦争とパーマストン首相

パックス=ブリタニカ

 50年代~70年代はイギリスの黄金期である。その象徴は、51年のロンドン万国博覧会である。この絶頂期の女王がヴィクトリア女王の時代である。そのため、ヴィクトリア時代とも呼ばれる。
 50年代からのイギリスが黄金期を迎えられたのは、48年革命を平和裏に治めることができたためである。19世紀前半のフランスは相次ぐ市民革命で疲弊していた。18世紀末のフランス革命に始まり、七月革命二月革命で国力は衰退していた。
 一方で、イギリス国民もフランス国民と同じ不満を持っていた。しかし、イギリスは革命ではなく政権交代で乗り切ることができた。それを可能にしたのが立憲君主制である。イギリスでは政治は国王ではなく首相が担うようになっていた。そのため、政治に失敗したら首相を首にして新しい首相を擁立するだけで、国王自身は政治の責任を取る必要がなかった。

59年 ホイッグ党パーマストン首相 と自由党結成

 ダービー首相が提案した選挙法改正案を否決。これに伴い、ダービー首相は議会を解散させた。これに対し、ホイッグ党パーマストンはピール派と合同を決意。自由党を結成した。自由党は総選挙に勝利。パーマストン内閣が復活した。

60年 英仏通商条約

 パーマストン首相は、さっそくナポレオン3世と英仏通商条約を締結した。これにより、フランス産の安い農産物がイギリスに入るようになった。

自由貿易を求める2人

 パーマストンを率いる自由党ホイッグ党+保守党ピール派)は、ともに自由貿易によって、農産物価格の引き下げをもとめえていた。
 一方、ナポレオンを支持していたのはフランス農民である。保護貿易で国内の工業製品を守るよりもヨーロッパ中に農産物を売るほうが良いと考えていた。

フランスの工業化が遅れる

 これにより、フランスの工業化は遅れた。それが如実に表れたのは10年後の普仏戦争である。工業化を進めたビスマルク率いるドイツがナポレオン3世のフランスに勝利する。また、フランス蓄積した資本を自国の工業化ではなく対外投資に回した。エジプトのスエズ運河はその一例である。

60年 北京条約 ← アロー戦争

 そのころ、清王朝は天津条約の締結を拒否した。英仏連合軍は再び軍艦を天津に向け、北京を占領した。清王朝は北京条約を締結した。

 清王朝は外国公使の駐在をみとめいイギリスフランスとの対等外交を認めた。また、清王朝はさらに11港を開いた。北京近くの天津、長江の内陸部の港も含まれた。イギリスはこれにより長江流域をイギリスの勢力圏とした。このほかに、外国人の中国内地の旅行の自由、キリスト教布教の自由、アヘン貿易の公認も認められた。さらにイギリス領の香港の領土も拡大した。

 北京条約は、天津条約よりも英仏にとって有利な内容となった。開港地も北京に近い天津港が追加され、賠償金の額も増額された。

 この時、ロシアが仲介役を務めた。そのため、清王朝はロシアにウラジオストークを割譲した。これは新潟の向かい側である。新潟は日米修好通商条約で開港予定であったが延期された。

 清王朝は、北京条約を受けて1861年に総理各国事務衙門を設置した。これにより、清王朝は対等外交を認めるようになった。また、長江流域の開港については太平天国の乱終結後という条項が付いていた。そのため、パーマストン首相は、ウォードやゴードン率いる常勝軍を上海に派遣した。

58年 第二次保守党ダービー首相

 パーマストン首相は、57年の恐慌により、大きく支持を失った。さらに、ナポレオン三世の暗殺未遂事件の対応に失敗。これにより退陣した。

アジアへ進出

58年 インド直接統治

 イギリス海軍は、インド大反乱を鎮圧した。インド大反乱で担がれたムガル皇帝を廃位。ムガル帝国を滅亡させた。また、イギリス東インド会社を解散させた。インドの直接統治が始まった。

58年 天津条約(中国、清王朝

 英仏連合軍は、アロー戦争で清王朝に勝利した。英仏は清王朝に天津条約を突きつけた。条約締結まで進んだが、清王朝皇帝はこれを拒否。天津条約は成立しなかった。

58年 日英修好通商条約(日本、江戸幕府

 アロー戦争の清王朝敗北の報は、日本にも伝わった。このころ、日本は江戸時代末期である。井伊直弼は、アメリカ、イギリス、フランス、ロシア、オランダと修好通商条約を締結した。


59年 ダーウィンの「種の起源

 ダーウィンは、太平洋のガラパゴス諸島で生物学研究を行っていた。その研究内容をまとめたのが「種の起源」である。「種の起源」が発表されたのがこの時期である。

59年 イタリア統一戦争

 イタリア(サルディーニャ王国)は、クリミア戦争を共に戦ったフランス(ナポレオン3世)と密約を締結した。オーストリアへ侵攻に協力する見返りに、後の南フランスにあたるサヴォイア、ニースをフランスに割譲する約束をした。イタリアはオーストリアに開戦。オーストリアに勝利し、イタリア北東部のロンバルディアを獲得した。このロンバルディアは6世紀から8世紀にかけてランゴバルド王国があった地域である。


55年 ホイッグ党パーマストン内閣成立

 ピール派は平和外交を進めていた。そのため、クリミア消極的であった。しかし、フランス側で参戦に踏み切った。これにより、廃止予定であった所得税が継続することになった。
クリミア戦争の泥沼化により、ピール派アバディーン首相が退陣。ヴィクトリア女王は、アヘン戦争を乗り切った外務大臣ホイッグ党パーマストンを首相にした。当初ピール派はパーマストン内閣を支持していた。しかし、クリミア戦争の対応をめぐりピール派と対立。

56年 パリ条約でクリミア戦争終結

 ホイッグ党パーマストン首相は、ナポレオン3世との連携を強めた。また、フランスはオーストリアを味方につることに成功。ロシアは孤立し、敗北。フランスの勝利でクリミア戦争終結した。


56年 清王朝とアロー戦争勃発

 クリミア戦争で接近したパーマストン首相とナポレオン3世はアロー戦争に踏み切った。このころ、清王朝では太平天国の乱が発生。この鎮圧に苦慮していた。
 野党保守党は、アロー戦争反対を決議。アロー戦争反対法は可決した。これに対し、パーマストン首相は議会を解散させた。総選挙はホイッグ党の勝利となり、アロー戦争は継続した。

57年 ヨーロッパで大恐慌

 クリミア戦争終戦するとまもなく、ヨーロッパで恐慌が発生した。これにより、ヨーロッパ各国は植民地拡大を進めていくようになった。

57年 インド大反乱

 イギリスが、アロー戦争に向かうとインドはこれを好機ととらえインドで大反乱が発生した。当時、インドはイギリス東インド会社が支配していた。

混乱するイギリス政治

ホイッグ党ラッセル首相

 50年代、まだ自由党は存在しなかった。主力政党は、ホイッグ党、保守党、ピール派の3つである。ホイッグ党は、昔の反王党派の政党である。フランス革命で支持をあえいで長期の野党生活を過ごしていた。しかし、政権与党の保守党が分裂したことを機に与党に戻ることができた。
 一方、ピール派は、保守党から分裂した政党である。分裂の原因は貿易政策である。フランスの農産品に規制をかけたい人たちが保守党に残り、フランス産農産品を受け入れたい人がピール派として保守党を飛び出した。

 この時代、保守党の分裂によって、ホイッグ党政権が成立した。

52年 保守党ピール派アバディーン首相 

 52年、政治は大きく混乱した。与党ホイッグ党が分裂したのである。首相のラッセル派と外相のパーマストン派である。原因は、ナポレオン3世への対応である。ラッセル首相はナポレオン3世の皇帝就任に危機感を覚えた。しかし、パーマストン外相はナポレオン3世の皇帝就任を歓迎した。52年 ホイッグ党ラッセル首相、パーマストン外相を解任。パーマストン派閥と野党保守党が連携。ラッセル首相を辞任に追い込んだ。これにより、保守党ダービー首相が成立した。
 保守党ダービー首相は保守党ピール派に入閣を要請した。しかし、ピール派はこれを拒否した。ダービー首相は少数与党となった。ダービー首相は地主優遇の予算案を提出した。この予算案を作ったのがディズレーリーであった。ピール派はこれに反発。予算は否決され、ダービー首相は辞任に追い込まれた。この時、野党ピール派を仕切ったのがグラッドストンであった。ちなみに日本ダービーの語源は、このダービー首相である。
 ホイッグ党、保守党も内閣を維持できなかった。そのため、首相は第3党の地位に回ってきた。保守党ピール派である。ピール派のアバディーン首相が成立した。この時の大蔵大臣がグラッドストンである。グラッドストンは関税を引き下げその分を相続税で賄った。


クリミア戦争ナポレオン3世

フランスでナポレオン3世の誕生

 このころ、フランスでは二月革命(48年革命)の混乱が続いていた。パリでは、資本家と都市労働者と旧王党派の三つ巴の対立ししていた。この争いにフランス農村は飽き飽きしていた。当時のフランスはフランス革命で地主階級がいなくなり、悠々自適な農業ライフを謳歌していた。そして、フランスの有権者の大部分はパリ市民ではなくフランス農村部の農民であった。彼らが支持したのがナポレオン3世である。ナポレオン3世は、かつての英雄ナポレオンの甥である。50年前のナポレオン黄金期のフランスをナポレオン3世に託したのである。

ナポレオン3世、中東にむかう

 ナポレオン3世は、叔父のナポレオン同様戦争によって、支持を高めようとした。ナポレオン3世が手を付けたのは、ナポレオンが名声を高めたオスマン帝国であった。
 ナポレオン3世は、オスマン帝国と連携してロシアに戦争を仕掛けた。クリミア戦争である。並行して、オスマン帝国から独立したエジプトではスエズ運河の建設を始めた。

54年 ウェストミンスター宮殿が再建

 ウェストミンスター宮殿は、日本でいう国会議事堂に当たる建物。ビッグベンと呼ばれる時計台で有名な宮殿である。
 
 ウェストミンスター宮殿は、11世紀、エドワード王が建てた宮殿。30年代に火災で焼失、これが再建された。

カテゴリー
アメリカ史

1800年代のアメリカ ナポレオンとジェファソン大統領

ジェファソン大統領

反連邦派

 第三代大統領ジェファソン大統領は、初の反連邦派の大統領である。

 ジェファソン氏は、アメリカ独立戦争期には国務大臣(外務大臣)を担当。独立宣言を起草するとともに、ヨーロッパへ渡ってフランスなどで援軍交渉にあたっていた。

 元々は、南部ヴァージニア州の農場経営者出身である。

ルイジアナ買収

 ジェファソン大統領は、03年にフランスのナポレオンからルイジアナ西部を購入した。

 ルイジアナはアメリカ中部に広がる大平野である。真ん中にミシシッピ川が流れていてミシシッピ川を挟んで東部と西部に分かれる。

共和党の分裂

 共和党は、連邦派と反連邦派に分裂した。連邦派はナショナルリバブリカン党(国民共和党)を結成。反連邦派は、デモクラティックリバブリカン党(民主共和党)を結成した。

ナポレオン戦争

 1800年代、ヨーロッパではナポレオン戦争が展開されていた。アメリカは当初中立の立場をとっていた。

ハイチの独立

 フランス革命の影響を受けて、フランス領ハイチで奴隷解放運動が発生。ナポレオンはハイチに軍隊を派遣した。ハイチ軍はこれに勝利し、04年初の黒人共和国ハイチが誕生した。

 ハイチの独立は、10年代から20年代にかけてのラテンアメリカの独立運動につながった。

 イギリスは、07年に黒人奴隷貿易から撤退。33年ではイギリス領植民地での奴隷制度を禁止した。アメリカでも、東部の知識層も奴隷禁止の動きを進めた。これが50年代の共和党結成につながった。

カテゴリー
フランス史

1850年代のフランス ナポレオン3世とクリミア戦争

 1850年代のフランスは、ナポレオン3世の第二帝政の時代である。その代表格の戦争が、クリミア戦争である。ナポレオン3世は、50年代世界各地で戦争を展開した。

英仏通商条約

 60年、清王朝は天津条約の批准を拒否した。英仏両軍は再び軍艦を中国北部の天津港へ向かわせた。清王朝はロシア皇帝アレクサンドル1世を仲介役にして北京条約を締結した。北京条約は、天津条約よりも英仏に有利なものとなった。また、清王朝はロシア帝国にウラジオストーク(沿海州)を割譲した。日本政府は、58年の日米修好通商条約で開港を約束した新潟の開港を遅らせた。

 北京条約を締結した60年、フランスのナポレオン3世とイギリスのパーマストン首相は、英仏通商条約を締結した。これにより、フランスはイギリスへ農産物の輸出量を拡大させた。一方で工業は衰退した。フランスの資本家は国内に投資せず、海外投資を積極的に進めるようになる。その中心が運河の建設であった。

 

イタリア統一戦争
(vsオーストリア)

 天津条約が締結された58年、ナポレオン3世は、サルディーニャ王国(のちのイタリア王国)の宰相カブールと密約を締結した。フランスは、イタリア統一戦争でサルディーニャ王国を支援する見返りに、南フランスのサヴォイアとニースをもらうことになった。

 イタリア統一戦争とは、北イタリアのオーストリア領をめぐるサルディーニャ王国とイタリアの戦争である。ちなみに、オーストリアは1815年のウィーン会議で北イタリアを併合した。

 同58年、レセップスがスエズ運河株式会社を設立。エジプトに地中海とインド洋を結ぶスエズ運河の建設を始めた。スエズ運河株式会社はフランス政府とエジプト政府が折半して出資して設立した。スエズ運河は69年に完成した。

 59年4月、サルディーニャ王国(のちのイタリア)が、オーストリアに開戦。イタリア統一戦争が始まった。しかし、59年7月、フランス皇帝ナポレオン3世、イタリア統一戦争でオーストリアと単独講和した。サルディーニャ王国のローマ教皇領併合を懸念したためである。

 北イタリアは、ロンバルディアがサルディーニャ王国領になったが、ヴェネツィアはオーストリアに残留した。

 サルディーニャ王国は、イタリア統一戦争後、プロイセンに接近した。1866年のプロイセン=オーストリア戦争でヴェネツィアを、1870年の普仏戦争で中部イタリアのローマ教皇領を併合した。   

 イタリア統一戦争では、スイスのデュナン氏が負傷兵の救護活動を行った。クリミア戦争でのナイチンゲールの活躍に心を打たれたからであるデュナン氏は1864年に国際赤十字条約を締結した。

アロー戦争(vs清王朝)

 ナポレオン3世は、クリミア戦争を終結させるとイギリスとともに清王朝との戦争を開始した。アロー戦争である。

 翌57年、ナポレオン3世は阮朝ベトナムを攻撃した。

 57年には、広州(香港周辺)を占領。広州の総督はイギリス領インドのカルカッタへ連行された。

 58年には、中国北部の天津港へ進軍した。それまで、ヨーロッパの戦争の舞台は江南地方に限られてきた。そのため、北京にいる高級官僚は危機意識が薄かった。しかし、中国北部の天津港が攻撃されると清王朝は降伏。天津条約(イギリス編を参照)を締結した。

 58年、フランスは、幕末日本(徳川政権)と日仏修好通商条約を締結した。

クリミア戦争(vsロシア)

 オスマン帝国は、フランス王室にイェルサレムの管理権を与えていた。しかし、フランス革命期にキリスト教が禁止され、それに伴い、イェルサレムの管理権を返還した。代わりにこの管理権を得たのがロシア帝国であった。

 ナポレオン3世は、オスマン帝国にイェルサレムの管理権を再度お願いした。オスマン帝国はこれを快諾した。それに怒りを感じたのがロシア帝国である。53年、ロシア皇帝ニコライ1世はオスマン帝国へ宣戦布告した。

 ナポレオン3世は、叔父のナポレオンと異なり、外交が巧みであった。とくに、イギリスのパーマストン首相と友好関係を築いていた。そのため、クリミア戦争はロシアVSオスマン国・西欧諸国連合軍という形になった。

 このころ、ヨーロッパの産業革命が急速に進んだ。ナポレオン3世は、クリミア戦争の最中の55年、パリ万国博覧会を開催した。この時期にフランスの鉄道網が整備された。パリ市街地も幹線道路が整備された。現在のパリの街並みはこの時に整備された。交通の便が良くなった一方、パリは攻め込みやすい都市となった。普仏戦争の敗北やパリコミューンの早期決着はこれが要因となった。

 55年、ロシア皇帝ニコライ1世が亡くなると、ロシアは降伏した。次期ロシア皇帝アレクサンドル2世をパリに迎えて講和会議を行った。56年、パリ条約が締結された。

 パリ条約では、オスマン帝国の領土の保全を認めるとともに40年のロンドン条約を再確認し、黒海の中立化を再確認した。

 ちなみに、イギリスのナイチンゲールが活躍したのがクリミア戦争である。 

第二帝政

 48年の2月革命(48年革命)で大統領になったナポレオン三世は、52年国民投票により皇帝になった。ナポレオン三世は、農民、資本家、労働者の利害の異なる勢力に支えられていた。
 英仏通商条約を締結し、自由貿易と国内産業育成に努めた。一方で、対外戦争を進めることで利害対立を外に向けさせた。
 インフラの整備や、労働立法の改正で、ナポレオン三世は、労働者の支持を得ていった。一方で、工業化を進めることで資本家の支持も得た。

カテゴリー
トルコ・ギリシャ史

1世紀のローマ帝国

悪君ネロ帝

キリスト教の大迫害

 キリスト教の大迫害を実施。伝道師ペテロやパウロが殉職したのもこのころである。

 キリスト教徒らの怨霊は、ヴェスヴィオス火山を噴火させた。この噴火によってポンペイの街は火山灰で埋没した。

 ペテロやパウロも、当時ローマで布教活動を行っており、ネロ帝によって処刑された。ローマにあるペテロの墓には、4世紀に、コンスタンティヌス帝がサン=ピエトロ教会が建てられた。現在まで続くローマ=カトリックの総本山である。

ユダヤ戦争

 このころ、ユダヤ民族は反乱を起こした。ネロ帝はこの反乱を鎮圧させた。この戦争によってユダヤ民族は世界各地へ離散した。

キリスト教の歴史

ユダヤ人の宗教から世界宗教へ

 イエス=キリストが処刑されると、キリストの弟子(使徒)がキリスト教の布教を進めた。その主な拠点は小アジア(トルコ)であった。主に布教の中心は、ペテロパウロであった。

 ペテロは、イエス=キリストの弟子であり、ユダヤ人を中心に布教した。一方、パウロはイエス=キリストが敵視していてパリサイ派に属していた。イエス=キリストの処刑後にキリスト教へ改新した。パウロはパレスチナではエリート層であり、ローマ市民権を持ち、ギリシャ語も話せた。そのため、ユダヤ人だけでなく非ユダヤ人にも布教を行った。

預言者 イエスキリスト

 西暦1年はイエス=キリストが生まれた年とされている。イエス=キリストは、神からの預言を受け、ユダヤ教の改革運動を展開した。この改革運動は、ユダヤ人の貧困層に広まった。

 当時ユダヤ教の主流派であったパリサイ派は、ローマ帝国の提督にイエス=キリストの処刑を進言。30年、イエス=キリストは処刑された。

 これがきっかけに、ユダヤ人は各地で迫害を受けるようになった。

1世紀のユダヤ民族

 ユダヤ民族は、一神教であるユダヤ教を信仰していた。

 1世紀、ユダヤ民族はローマの属州で生活をしていた。当時のユダヤ教をうごかしていたのがパリサイ派であった。パリサイ派は、律法を遵守することを重んじた。裕福な人々は律法を守ることはそれほど苦ではなかったが、貧困層にとっては律法を守ることはかなりの苦行になった。

カテゴリー
ロシア史

1850年代のロマノフ朝ロシア帝国 クリミア戦争とニコライ1世

1850年代、日本にはペリーが来航。幕末の動乱が始まった。
 このころ、ロシア帝国は大きな戦争がおこった。クリミア戦争である。

カテゴリー
アメリカ史

1810年代のアメリカ ナポレオン戦争と米英戦争

 1810年代、ヨーロッパではナポレオン戦争の真っただ中にあった。アメリカは当初中立の立場をとっていた。しかし、イギリスとフランスが相互に海上封鎖を行った。これにより、アメリカはフランスに物が売れなくなった。そのため、アメリカはイギリスに宣戦布告した。

カテゴリー
トルコ・ギリシャ史

1850年代のオスマン帝国 世界が守ってくれたクリミア戦争

1850年代、アメリカは日本へペリーを派遣した。ペリー来航である。なぜ、アメリカはこのタイミングで日本へ使者を送ったのだろうか。この時、ヨーロッパは世界的な戦争に巻き込まれていた。クリミア戦争である。

カテゴリー
トルコ・ギリシャ史

2世紀のローマ帝国 五賢帝と東地中海

2世紀は、東西の2大帝国の全盛期である。ローマ帝国と漢王朝(後漢)である。バルカン半島やトルコ(小アジア)を含む東地中海世界はローマ帝国の属州となっていた。

カテゴリー
イラン・ペルシャ史

1850年代のカジャール朝イラン クリミア戦争の裏側で

1850年代、日本はペリー来航で江戸幕府が大きく揺らいだ。しかし、世界全体の関心事は、これではない。クリミア戦争である。当時の2大帝国、イギリスVSロシアが最高潮に達した瞬間である。

カテゴリー
アメリカ史

1820年代のアメリカ ミズーリ協定とモンロー大統領

 モンロー大統領は、ミズーリ州を自由州にしようとした。これに対し、南部の綿花農家の反発を受けた。これにより成立したのがミズーリ協定である。

 しかしこの事件により、東部の知識人層と南部・西部の自営のわだかまりが生じた。これがジャクソン大統領の登場につながった。