カテゴリー
未分類

このサイトについて

はじめまして、sekaishiotakuです。2年前からはてなブログで世界史のブログを行っていました。このサイトでは、各国史を10年単位、100年単位で区切って投稿しております。

まだ、元のフォーマットが残っている個所も多くて申し訳ありません。徐々に直していきます。

毎日投稿しておりますので、是非毎日ご覧ください。

カテゴリー
ドラマ時代劇

鎌倉幕府が始まる頃、世界では

 こんにちは、sekaishiotakuです。昨日、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の初回放送がありました。Youtubeなどでは鎌倉時代関連の動画が次々上がっています。

 こちらでは、鎌倉幕府が成立した12世紀末の世界の様子をまとめてみました。

1150年代

日本 保元の乱と平治の乱

 武家が政権の中枢に行くきっかけになったのは、2つの戦いである。保元の乱と平治の乱である。

 保元の乱とは、鳥羽上皇と崇徳上皇の主導権争いである。摂関家(藤原氏)も、源氏平家などの武家も家を二分して戦った。

 そのきっかけは、55年の近衛天皇の崩御である。次の天皇で、鳥羽上皇と崇徳上皇が対立。鳥羽上皇が推す後白河天皇が誕生した。今回の大河で西田敏行さんが演じる狸おやじである。

 翌56年、鳥羽上皇が崩御。崇徳上皇派はクーデターを決行。これが保元の乱である。

 この時、後白河天皇派(旧鳥羽上皇派)についたのが、平清盛と源義朝(頼朝の父)である。

 クーデターに失敗。崇徳上皇は、讃岐(香川県)へ島流し。この地で憤死した。崇徳上皇は三大音量の1つに挙げられている。

 後白河天皇は、上皇がいなくなったことで剛腕をふるった。ここで厚遇したのが平清盛である。源義朝はこれを苦々しく思った。

 源義朝は、平清盛が京都を離れたときに、クーデターを決行。これが平治の乱である。源頼朝はこの時に初陣を果たした。

 クーデターは失敗。源義朝は斬首。息子の頼朝は伊豆(静岡)に流された。

中国 金王朝と南宋

 12世紀半ば、中国は南北に分かれていた。北部は、女真族が金王朝を成立させていた。一方、南部は漢民族の宋王朝が続いていた。

西アジア 十字軍とサラディン

 12世紀から13世紀は、十字軍の時代である。12世紀後半に活躍したイスラムの英雄がサラディンである。

ヨーロッパ イギリスでアンジュー帝国が成立

 12世紀のヨーロッパは十字軍の時代である。50年代は第2回十字軍の直後である。

 54年、イングランドでプランタジネット朝が成立。フランスの西半分も統治したアンジュー帝国の成立である。

1160年代

日本 平清盛が太政大臣に

 平治の乱の後、有力貴族が次々失脚。67年、平清盛は太政大臣になる。しかし、別の事業に集中するため、すぐに辞任した。

 この事業とは、神戸の都市計画である。平清盛は日宋貿易に力を入れていた。そこで、神戸に強大な港と都(福原京)を建設していた。当時の平家は日宋貿易で巨万の富を得ていた。また、日宋貿易で大量の銅銭が日本に流入。鎌倉時代の貨幣経済につながる。

 68年、平清盛は病に倒れる。その後、出家した。

中国 日宋貿易と経済大国

 宋王朝は、国土の大部分を失ったが、裕福な江南地域を維持した。ベトナムからコメの新種が流入。コメの生産力が増大した。景徳鎮などの陶磁器などの生産も拡大。

 一方で、61年金王朝が南宋へ侵攻。しかし、金王朝で内乱が発生。皇帝が亡くなると和議を結んだ。この和平が、宋王朝の経済発展を促進した。

西アジア サラディンが宰相に

 サラディン、ファーティマ朝(エジプト)の宰相になる。

ヨーロッパ ノートルダム大聖堂

 フランス(カペー朝)は、パリにノートルダム大聖堂の建造を始める。

1170年代

日本 平家全盛期

 70年代は、平家全盛の時代である。徳子が中宮になり、安徳天皇を生む。平家は天皇家と外戚関係になった。

 しかし、一部の貴族はこれを快く思わなかった。77年、平家打倒を目指す鹿ケ谷の陰謀が行われるが、失敗に終わる。79年には、後白河法皇は幽閉。院政は停止された。80年に安徳天皇が即位。天皇になれなかった以仁王は、平家打倒の令旨が全国の源氏に送った。源平合戦の始まりである。

この頃、法然が浄土宗を開く。

中国

西アジア アイユーブ朝の成立

 サラディンがエジプトでアイユーブ朝を開く。

 ゴール朝が北インドへ侵入。

ヨーロッパ

 北イタリアのロンバルディア同盟が、神聖ローマ皇帝(ドイツ)のフリードリヒ1世を撃退。

1180年代

日本 鎌倉幕府成立

 80年、平家打倒の令旨で源平合戦が始まる。最初は、京都攻防戦である。京都の源頼政が挙兵。宇治平等院の戦いで敗れる。

 同じ頃、源頼朝は、伊豆で挙兵。冷遇されていた坂東武者(関東の武士)たちがこれを支援した。北条氏などがその一例でである。伊豆の石橋山の戦いで敗れると関東各地に落ち延びた。彼ら再集結したのが鎌倉である。平家は源頼朝追討軍を鎌倉に向かわせた。ここで起きたのが富士川の戦い(静岡)である。

 富士川の戦いの後、源頼朝は京都へ向わず、坂東武者たちと関東独立に向かう準備を始めた。これを支援したのが大江広元などの京都から来たブレインたちである。これが鎌倉幕府の成立につながる。同じ頃、平清盛が病死した。

 83年、木曽(岐阜)の源義仲が京都を制圧。平家は、福原京(神戸)へ逃れた。しかし、次の天皇をめぐり、後白河上皇と源義仲が対立。後白河上皇は頼朝を頼った。頼朝は東国(関東)支配の公認と引き換えに、源義経を京都へ派兵。源義仲を破った。

 源義経は、平家のいる神戸(福原京)に侵攻。85年の壇ノ浦の戦い(山口県)で平家を滅亡させた。

 後白河上皇は、源義経を引き抜き、源頼朝を破ろうとした。しかし、この陰謀が発覚。頼朝は、義経追討と守護地頭の設置を容認させた。現在、鎌倉幕府の設立は85年の守護地頭の設置とするのが一般的である。(いいはこ(1185)作ろう鎌倉幕府)。

中国 名君 孝宗の退位

 89年、金王朝を撃退した孝宗が退位。外戚たちが実権を握るようになる。

西アジア サラディンと第3回十字軍

 87年、アイユーブ朝のサラディンが十字軍国家へ侵攻。これをうけて、第3回十字軍が編成される。

ヨーロッパ 第3回十字軍と教皇インノケンティウス3世

 ヨーロッパでは、最強のローマ教皇インノケンティウス3世の時代。この時代に第3回十字軍が編成された。参加したのは、神聖ローマ皇帝(ドイツ)のフリードリヒ1世、フランス国王フィリップ2世とイングランド国王リチャード1世である。

 フリードリヒ1世は、進軍中に事故死。フィリップ2世も早々に撤退。リチャード1世のみが残り戦い続けた。

1190年代

日本 源頼朝が征夷大将軍に

 92年、後白河法皇が崩御。これにより、源頼朝は征夷大将軍になった。これが「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」につながる。

中国 官僚 vs 外戚

南宋では、宰相が外戚のいいなりになっていた皇帝を退位させた。その後、官僚たちは、外戚たちを次々と投獄していった。さらに、この頃に主流になった朱子学の弾圧を行った。

 この頃、金王朝は、モンゴルの侵攻に悩まされており、南宋へ侵攻する余裕はなかった。

西アジア ホラズム・シャーの侵攻

 第3回十字軍が講和。同じ頃、イラク(バグダード)では、セルジューク朝が滅亡。ホラズム・シャー朝が成立。

ヨーロッパ フランスvsアンジュー帝国

 92年、イングランド国王リチャード1世とアイユーブ朝(エジプト)のサラディンが講和。第3回十字軍が終わる。

 フランスのフィリップ2世は、国王不在の隙をついて、大陸のイングランド領へ侵攻。領土を拡大していった。

 南イタリアのシチリアでは、シュタウフェン家がシチリア王になる。

カテゴリー
共通テスト対策

共通テストを解いてみた 2021年度 第5問

 11月から12月にかけて共通テスト解いてみたをやっていきます。今回が最終回。第5問をやっていきます。

 第5問は、旅行記をベースにした問題になっている。Aは、ヨーロッパ。Bは朝鮮半島をテーマにしている。旅行記がテーマの場合、時代に関係なく出題される。

 著作権の問題が怖いので過去問はこちらのリンクから、入ってください。

カテゴリー
共通テスト対策

共通テストを解いてみた 2021年度 第4問

 11月から12月にかけて共通テスト解いてみたをやっていきます。今回は、第4問をやっていきます。

 第4問は、史料問題が3問出題されています。1と2は有名な条約の条文である。しかし、最後は初見の史料問題である。この問題では史料の文中から回答を導くことが求められます。

 著作権の問題が怖いので過去問はこちらのリンクから、入ってください。

カテゴリー
共通テスト対策

共通テストを解いてみた 2021年 第3問

 11月から12月にかけて共通テスト解いてみたをやっていきます。今回は、第3問をやっていきます。

 著作権の問題が怖いので過去問はこちらのリンクから、入ってください。

カテゴリー
共通テスト対策

共通テスト解いてみた 2021年 第2問B

 11月から12月にかけて共通テスト解いてみたをやっていきます。今回は、第2問のBをやっていきます。

 著作権の問題が怖いので過去問はこちらのリンクから、入ってください。

カテゴリー
共通テスト対策

共通テスト解いてみた 2021年 第2問A

 11月から12月にかけて共通テスト解いてみたをやっていきます。今回は、第2問のAをやっていきます。

 著作権の問題が怖いので過去問はこちらのリンクから、入ってください。

カテゴリー
共通テスト対策

共通テスト 解いてみた 2021年 第1問B

 11月から、毎週日曜日に共通テスト解説を行っていこうと思います。

 著作権の関係があるかもしれないので、問題分の全文は記載しておりません。下記のサイトで無料で見られるのでこちらを見てください。

大学入試センター

カテゴリー
共通テスト対策

共通テスト 解いてみた 2021年 第1問A

 11月から、毎週日曜日に共通テスト解説を行っていこうと思います。

 著作権の関係があるかもしれないので、問題分の全文は記載しておりません。下記のサイトで無料で見られるのでこちらを見てください。

大学入試センター

カテゴリー
日本史

1960年代の衆院選 高度成長期と池田佐藤政権

69年12月 テレビの時代

政見放送の開始

 この選挙から政見放送が開始された。

自民党 田中軍団(田中チルドレン)

 自民党はこの選挙で16議席を増やし過半数を維持した。特にこの選挙で初当選したものが33名もいた。田中幹事長のもとで田中軍団を結成しした。これが72年の田中派結成につながる。この田中軍団の中には、小沢一郎氏や羽田孜氏など後の90年代前半の竹下七奉行のうち、5人がこの選挙で初当選している。

 また、00年に首相になる森喜朗氏もこの選挙で当選している。しかし、田中幹事長から後任を得られず、無派閥で当選。当選後に追加公認で自民党議員になった。この時にお世話になったのが岸元首相であった。

 また。佐藤首相は、70年で総裁任期が満了だったが、任期延長で72年まで総裁を続けることになった。

社会党 学生運動の影響で敗退

 社会党は、この選挙で44議席を減らす大敗をした。

 その原因は2つある。一つは、60年代後半の学生運動である。過激化した学生運動と機動隊との戦いを見て多くの人が脅威を感じた。69年1月の東大安田講堂事件はその象徴であった。もう一つは68年のプラハの春である。自由化を目指すチェコスロバキアに東側諸国が武力介入する様子に、怒りを感じた。

 なお、この選挙で土井たか子氏と横路孝弘氏が初当選ししている。

公明党と民社党

 公明党は22議席増の47議席を獲得。民社党は現状維持の31議席であった。

共産党 70年安保闘争で躍進

 共産党は、70年安保闘争で10議席増やした。不破氏はこの選挙で初当選している。

67年01月 黒い霧解散

黒い霧

 66年後半、自民党の不祥事事件が相次ぐ。この一連の不祥事は「黒い霧」と呼ばれた。

 66年12月、佐藤首相が総裁選でかろうじて再選。内閣改造で大蔵官僚の宮澤喜一氏を起用。これにより、旧池田派(大平派)を味方につけた。さらに、幹事長を佐藤派の田中角栄氏から岸派の福田赳夫氏に変えた。

 12月に衆議院を解散。1月に総選挙が行われた。

自民党 安定多数を維持

 自民党はこの選挙で敗北が予測されていた。しかし。1議席減ですみ。安定多数を維持した。宮澤喜一氏がこの時に初当選。河野洋平氏(河野太郎氏の父)や塩川正十郎氏(塩じいこと小泉政権期の財務大臣)もこの選挙で初当選している。

社会党 議席を伸ばせず

 黒い霧で自民党に逆風が吹く中での選挙にもかかわらず、社会党は1議席減の140議席となった。

民社党 躍進

 民社党は7議席増の30議席を確保した。

公明党 初進出

 宗教組織の創価学会は公明党を結成。この選挙から出馬した。

 初回の選挙で25議席を確保した。民社党の躍進とともに、野党の多党化が鮮明になった選挙であった。

共産党

  共産党は、この選挙では現状維持の5議席であった。

63年11月 オリンピック前選挙

高度成長とオリンピック

 この時代、日本は高度成長を実施していた。実現不可能と思われた「所得倍増計画」も成功した。そして、翌64年に東京オリンピックを控えている中で総選挙に踏み切った。

 しかし、選挙戦が始まると労働災害事故が発生。暗雲が立ち込める。

 なお、この選挙までは、投票日が平日であった。

自民党 安定多数を引き続き確保

 自民党は、この選挙で6議席減らすも、安定多数を引き続き海保した。

これにより、池田政権の継続が決定した。しかし、体調不良で東京オリンピックを病床で見ることに、64年の総裁選には不出馬。佐藤政権へ移行する。

社会党 現状維持

 社会党は、1議席減の144議席になった。

民社党 解党を回避

 民社党は前回の選挙で大幅に議席を減らしていた。今回の選挙で議席を減らすと回答の危機にあった。

 結果、6議席増の23議席を確保。民社党は存続した。

共産党 順調に議席を伸ばす

 共産党は、順調に議席を伸ばし5議席になった。

60年11月 外交よりも経済

安保闘争で岸首相が退陣

 60年は、安保闘争の真っただ中にあった。60年7月、岸首相は安保改定を実現し退陣した。跡を継いだのが池田首相である。

自民党 所得倍増計画

 10月、池田首相は、衆議院を解散した。ここで秘策を出した。「所得倍増計画」である。これにより、選挙の争点は安保から経済政策に変わった。

 これにより、13議席増やし296議席を確保した。

社会党 安保闘争で議席を増やす

民社党の結党で、議席を大きく失った。しかし、60年安保の影響で23議席増やし、145議席となった。

民社党 壊滅的敗北

 59年10月、参院選の敗北と60年安保闘争の方針(共産党との連携)で旧社会党右派の一部の議員が社会党を離党し、民社党を結党した。

想定支持層は、低所得で共産主義に抵抗がある人たちであった。

 池田首相の「所得倍増計画」は低所得者の心に響いた。そのため、この選挙で23議席減の17議席になった。

共産党 順調に議席を伸ばす

 共産党は、十町に議席を伸ばし、3議席を確保した。

カテゴリー
日本史

1970年代の衆院選 派閥全盛期の衆院選

80年06月 ハプニング解散

40日抗争とハプニング解散

 79年10月、衆院選で自民党は過半数割れの大敗。反主流派の福田派らは大平首相の退陣を要求した。しかし、大平首相はこれを拒否した。

 自民党は、首相候補を一本化できずばらばらに投票することになった。最終的には、大平首相が選出された。

ハプニング解散

 80年5月、社会党ら野党は内閣不信任案を提出。追加公認で自民党は過半数を確保しているので否決されるはずであった。しかし、福田派らの自民党反主流派が欠席。内閣不信任案が可決。大平首相は、衆参同日選挙へ踏み切った。

大平首相、憤死

 6月、衆院選の選挙活動中に大平首相は心不全で亡くなった。自民党は、大平首相の弔い合戦で共闘体制が構築された。

自民党大勝

 自民党は大勝。単独で安定多数を確保した。これによって保革伯仲国会は終了した。次期首相には。大平派の鈴木氏が就いた。

野党の結果

社会党は、現状の議席数を確保した。

大幅に議席を減らしたのは、公明党、民社党、共産党であった。

 一方、河野洋平の新自由クラブは議席を増やした。

79年10月 40日抗争へ

大福密約

 78年総裁選。大福密約で大平首相が選出されるはずであった。しかし、福田首相は高支持率を背景に総裁選へ出馬した。結果、田中派の支持を受けた大平氏が勝利。大平政権が誕生した。

大平首相と消費税

 経済では田園都市構想で景気回復を図ろうとした。一方で、外交政策では、福田政権の全方位外交を転換。親米路線をとった。それ一例がモスクワオリンピックのボイコットである。元号法を成立させて、元号に法的根拠を与えた。

 79年10月に総選挙へ踏み切った。大平首相は公約に消費税の導入を挙げようとした。しかし、これは取り下げられた。

40日抗争へ

 自民党は、大敗した前回選挙からさらに1議席減らした。追加公認でかろうじて過半数を維持した。

 ロッキード事件の余波に加え、大平首相の消費税導入発言が問題視された。

 大平首相はこの選挙を勝利として続投に意欲を燃やした。しかし、福田元首相らは退陣を求めた。これにより四十日公行層が勃発した。

野党の結果

 社会党は10議席を減らし、野党の分裂はさらに促進された。

 共産党が多きに躍進、議席を倍増させた。

 公明党と民社党も議席を増やした。

 一方、新自由クラブは壊滅的な敗北で4議席になった。

76年12月 ロッキード事件

三木政権とロッキード事件

 74年、金脈スキャンダルで田中角栄首相が退陣。反田中派の福田赳夫氏と親田中派の大平正芳氏が対立した。そこで中間派の三木武夫氏が折衷案で首相になった。

 三木首相は、金脈スキャンダルを受けて政治改革を断行しようとしたが田中派などの反主流派の反発で実行できなかった。

 この時代、田中首相の列島改造論で財政が肥大化。歳出削減が急務であった。しかし、オイルショックで物価が高騰。歳出削減が進まず。この頃から赤字国債の発行が常態化した。

 三木首相は、早期に解散総選挙へ踏み切りたかった。しかしそれができなくなった。それが76年2月のロッキード事件である。これは、アメリカで発覚した田中前首相の収賄事件である。

三木おろしで解散できず

 三木首相はロッキード事件を徹底追及を行うことを国民に約束した。田中派に脅威を与えた。田中派は、福田派を味方につけて、三木首相の退陣を試みた。

新自由クラブ

 76年6月、自民党のロッキード事件への対応に反発。河野洋平氏らが自民党を離党して新自由クラブを結党した。

 7月、田中前首相が逮捕。翌8月に保釈される。

 9月、三木首相は閣議で解散を実行しようとした。しかし、閣僚の大部分が反対した。罷免して解散をすることもできたが、三木首相は政治理念に反するとしてこれを行わなかった。

 任期切れにより、12月に総選挙が実施された。

自民党大敗 保革伯仲国会で福田政権へ

 自民党は、過半数割れの大敗を喫した。(追加公認でかろうじて過半数を確保)。三木首相は、責任を取り辞任。大福密約で、福田政権が誕生した。

社会党躍進

 社会党は、ロッキード事件への批判票で大きく議席を伸ばした。しかし、政権を奪うほどの大勝はできなかった。その理由は、反自民の票の一部が公明党、民社党と新自由クラブへ流れたためである。

新自由クラブ 3倍の大躍進

 新自由クラブは、自民党にも社会党にも入れたくない人の支持を大きく集めた。これにより、議席を3倍にする大勝をした。

共産党敗北

 共産党は半数以上の議席を失い、17議席になった。

民社党・公明党 躍進

 公明党と民社党は、躍進。特に公明党は50議席を獲得した。

72年12月 角栄フィーバー

選挙は日曜日

 この選挙から、日曜日に選挙が行われるようになった。また、沖縄返還で定数が増加した。

角栄フィーバー

 72年5月、佐藤派の大部分の議員を引き抜き田中派を結成。6月、「日本列島改造論」を発表。翌7月の総裁選で福田赳夫氏を破り首相になった。

 9月、日米首脳会談後に、中華人民共和国を訪れる。日中公国交正常化を実現。

 12月、解散に踏み切った。

自民党勝利

 自民党は過半数を確保。しかし、前回の選挙から26議席を減らした。

 田中角栄首相は、

社会党躍進

 社会党は議席を3桁にもどした。当時の社会党は、極左の共産党と共闘しようとするグループと、中道左派の民社党、公明党と共闘しようとするグループが対立していた。この選挙で民社党、公明党が不振。共産党と共闘費用とするグループの発言力が高まった。

共産党躍進

 日中国交正常化で、中国共産党の悪いイメージが払しょくされた。その結果、議席を大きく伸ばし38議席を確保した。

公明党、民社党は不振

 議席を大きく落としたは、中道左派の民社党と公明党であった。特に公明党は言論出版妨害事件でイメージが悪化していた。