カテゴリー
アメリカ史

1830年代のアメリカ 西部開拓とジャクソン大統領

カテゴリー
中国史

1850年代の清王朝 太平天国の乱とアロー戦争

 香港近くの広東省で宗教反乱である太平天国の乱がおきる。江南の南京を首都に独自政府を樹立した。太平天国の乱で混乱中の清王朝に対して、イギリス・フランス連合軍がアロー戦争(第二次アヘン戦争)を仕掛ける。清王朝は敗北し、ロシア帝国を仲介して北京条約を締結する。

太平天国 が南京に政府を作る

 50年ごろの清国内は、アヘン戦争の賠償金や戦費のため重税が課され、多くの秘密組織(結社)が組織された。これらの秘密組織は中国各地で反乱を起こしていた。その中で一番大規模なものは、香港周辺の広東省太平天国であった。指導者は、洪秀全で、キリスト教をベースにして、儒教を攻撃対象とし、民間信仰の偶像を次々破壊した。51年太平天国は挙兵。53年長江流域まで勢力圏を広げ、南京を陥落。南京政府を作った。彼らは南京を天京と呼んだ。当時の広東は、近くの香港島がイギリスに奪われ、アヘン中毒者が多くいた。

 太平天国は、江南(中国の南半分)の大部分を制圧した。清王朝は、当初正規軍を派遣した。しかし、鎮圧することができなかった。南部の漢民族の知識層は、独自に軍隊を編成して太平天国の乱の鎮圧へ向った。その代表は曽国藩である。この功績により曽国藩などの漢民族知識層は、清王朝の高官につくようになった。

イギリス・フランス連合軍が
アロー戦争を起こす。

 太平天国の乱で混乱の最中、イギリスは、56年、ナポレオン三世のフランスとともに清王朝に対し、再度出兵を行った。アロー戦争(第二次アヘン戦争)である。
 当時のヨーロッパは56年にクリミア戦争終結したばかりで、一時的な安定期に入っていた。しかし、開戦翌年57年、ヨーロッパ各国は経済恐慌が起っていた。のためアジア・アフリカ市場への進出が各国の政策課題となった。クリミア戦争後の平和と恐慌による世論の形成が、アロー戦争を引き起こした。イギリスは、ヴィクトリア女王の黄金期で、2大政党制が確立していた。51年には世界最初の万国博覧会を開催した。当時の首相はホイッグ党(のちの自由党)で外交手腕の高いパーマストンであった。パーマストンは、58年にはインドのムガル帝国を滅亡し、イギリス領とした。フランスは52年に皇帝になったナポレオン三世の時代で、開戦前年の55年にはパリ万国博覧会を開催。アロー戦争が終結するとベトナム、メキシコなどに出兵するなど対外戦争を繰り返した。

 イギリス・フランス連合軍は、首都北京近くの天津港に迫り、58年天津条約を締結。アロー戦争の敗戦は日本の徳川幕府にも伝わり、徳川幕府は同じ58年日米修好通商条約を締結した。しかし、清王朝は、批准を拒否しイギリス施設の入京を武力で阻止。そのためイギリス・フランス両軍は再度出兵。北京を陥落させる。60年、ロシアの仲介で停戦。北京条約を締結する。

北京条約の内容は

 北京条約では、外国公使の北京駐在。天津など11港開港。外国人の中国内地の旅行の自由。キリスト教布教の自由を認めた。外国公使の北京駐在により、清王朝ははじめて異国との対等外交(朝貢以外の外交をみとめた)ことになった。また、開港した11港の大部分は長江流域であり、19世紀初頭には、長江流域はイギリスの勢力圏になる。また、北京近くの天津港開港や外国公使の北京駐在は、北京で働く中央官僚にも影響を与え、漢人官僚を中心に危機感を感じ、洋務運動のきっかけになった。ちなみに、解禁されたキリスト教布教は、雍正帝が18世紀(1706年)に禁止したものである。

ロシア ウラジオストークをえる。

 一方で、ロシアでは、天津条約を締結した58年にアイグン条約を締結し、中国東北部を一部割譲した。また、ロシアが仲介した60年北京条約では、沿海州中国東北部日本海沿岸)を割譲した。当時のロシアは、56年のクリミア戦争の敗戦で地中海への入り口である黒海の勢力圏を失った。そのため、太平洋岸の不凍港獲得が政治課題であった。ロシアは沿海州を獲得したことで日本海不凍港ウラジオストーク日米修好通商条約で開港した新潟の対岸)を得た。しかし、太平洋に出るには日本列島のどこかを横断せざるを得なく、これは明治新政府に脅威を与えた。一方、清王朝は、これにより日本海ルートを失った。

カテゴリー
トルコ・ギリシャ史

3世紀のローマ帝国 軍事皇帝時代の内乱期

軍人皇帝時代の内乱期

 五賢帝の時代の終盤に入ると、ローマ市民だけでは広大なローマ帝国を統治しきれなくなっていた。そのため、属州の上級市民にローマ市民権を与えて、協力を仰いだ。12年のカラカラ帝の時代には、属州をふくむすべての全自由人にローマ市民権が与えられた。

 五賢帝時代が終わると、帝国のまとまりが徐々にくずれはじめた。各属州の軍団長が独自に皇帝をたてる軍人皇帝時代に入った。

 84年ディオクレティアヌス帝がローマ帝国を再統一した。ディオクレティアヌス帝は属州を整理してローマ帝国を4分割して統治した。ディオクレティアヌス帝は従来のローマ風民主主義を否定。イラン風の専制君主制を導入した。

キリスト教の拡大

 1世紀に成立したキリスト教は、3世紀の軍人皇帝の内乱期に急激に拡大した。その理由は2点ある。3世紀の軍人皇帝時代の戦乱によって人々は不安になり、キリスト教を信仰するようになった。2つ目に、ローマの混乱によってキリスト教の取り締まりが緩くなったためである。

 ローマ帝国を再統一したディオクレティアヌス帝は、イラン風の統治を行おうとした。そのため、自らを神格化し、皇帝礼拝を強制した。これにキリスト教徒は反発。ディオクレティアヌス帝はキリスト教の大迫害を行った。

コロヌス制(小作人)による農業

 2世紀まで、ローマ帝国で主流となる農業スタイルは、ラティフンディアであった。ラティフンディアとは、戦争で獲得した広大な土地と戦争奴隷を使って大規模農園を経営する方法である。

 しかし、2世紀には領土の拡大は止まった。そのため、戦争奴隷の供給が止まった。これによって、ラティフンディアの経営者は労働力不足に悩まされた。

 軍人皇帝時代、内乱が相次いだため財政がひっ迫した。ローマ帝国は都市市民に重税を課した。貧困化した都市市民や残っている戦争奴隷に土地を貸し出し、小作料で生活するようになった。農園主から土地を借りている人たちはコロヌス(小作人)と呼ばれた。

 一方、異民族の侵入や内乱で、各属州は軍事力の増強が急務となった。提督(属州の長)は、都市に重税をかけるようになった。税金を納めるべき上級市民は都市を離れ、農場経営者へ変わった。また、パンとサーカスを行う余裕がなくなったので、下層市民も都市を離れた。彼らの多くは、コロヌスとなった。こうして、多くの都市は衰退していった。

ササン朝ペルシアの成立

 一方、ローマ帝国の東にあったパルティアは3世紀に滅亡。3世紀にササン朝ペルシアが成立した。

 シャープール1世の時代には、インドのクシャーナ朝を服従させた。シリア遠征の際には、ローマ皇帝を捕虜にした。

カテゴリー
インド史

1850年代のムガル帝国 インド反乱とムガル帝国の滅亡

1850年代、日本は幕末。ペリーが東京湾江戸湾)に来航したころである。

 インドも、この時期に大転換期を迎えていた。インド大反乱が発生。これによりムガル帝国は滅亡。東インド会社も解散され、イギリスのインド直接統治が始まる。

カテゴリー
アメリカ史

1840年代のアメリカ アメリカ=メキシコ戦争

 1840年代、アメリカはアメリカ=メキシコ戦争に勝利。カリフォルニアなどをメキシコから獲得し、ついにアメリカの領土は西海岸(太平洋岸)まで広がった。

カテゴリー
日本史

1850年代の日本(幕末)ペリー来航と開国

 1850年代、日本は江戸時代末期。ペリーが浦賀に来航。日本は激動の幕末を迎える。

カテゴリー
トルコ・ギリシャ史

4世紀のローマ帝国 コンスタンチノーブル遷都

 今回から東西分裂前のローマ帝国を見ていきます。4世紀、ローマ帝国は、都をローマからコンスタンチノーブルに遷都した。キリスト教は、4世紀前半に公認され、4世紀末には国教化された。その過程でキリスト教の教義も徐々に固まった。

カテゴリー
アメリカ史

1850年代のアメリカ 共和党成立とペリー来航

1850年代、日本ではペリーが来航。日米和親条約が締結された。そのペリーを派遣したアメリカはどのような状況にあったのだろうか。

カテゴリー
フランス史 未分類

7世紀のフランク王国 イスラム教の成立とメロヴィング朝の衰退

7世紀、日本は飛鳥時代大化の改新が行われたころである。

 このころ世界では、預言者ムハンマドが神の啓示をうけた。イスラム教の始まりである。

 ヨーロッパでは、地中海を支配していたビザンツ帝国が急速に衰退。代わりに台頭してきたのがフランク王国などのゲルマン民族である。

イスラム教の成立

 7世紀最大の出来事は、イスラム教の成立である。イスラム教の拡大スピードはすさまじく、7世紀中に中東全域を席巻した。イスラム帝国の拡大は、6世紀の中東の2大帝国を衰退させた。トルコのビザンツ帝国とイランのササン朝ペルシアである。

 ササン朝ペルシアは、7世紀に滅亡。多くのペルシア人が東へ亡命した。唐の長安ペルシア人が多数生活し、日本の平城京(奈良)に渡ったものもいる。 

 10年 預言者ムハンマド、神の啓示を受ける。
 22年 預言者ムハンマド、メッカを追われメディナに移住(ヒジュラ
 30年 預言者ムハンマド、メッカを征服
 32年 預言者ムハンマド、亡くなる。正統カリフ時代に入る。
    正統カリフ時代に、ササン朝ペルシアが滅亡
    ビザンツ帝国も、シリア・エジプトを奪われる。
 61年 シリア系ウマイヤ朝成立
    スンナ派ウマイヤ朝支持)VS シーア派(反ウマイヤ朝)の内紛が起こる。
    これにより、イスラム帝国の拡大は一時休止する。

イスラム帝国拡大で
 ビザンツ帝国はピンチ

 ビザンツ帝国も、イスラム帝国の拡大により急速に衰退する。6世紀のビザンツ帝国は、ユスティアヌス帝の全盛期であった。地中海沿岸のゲルマン諸国を次々滅亡させ、地中海を再統一した。しかし、正統カリフ時代には、シリアやエジプトを失う。

 16年 西ゴート王国により、スペインから撤退
 26年 アヴァール人が首都コンスタンチノーブル包囲
 36年 イスラム軍(正統カリフ)に敗北。シリアを奪われる。
     この時シリア総督になったのがウマイヤ朝を開くウマイヤ家である。
 41年 イスラム軍(正統カリフ)により、穀倉地帯エジプトを失う
 74年 イスラム軍(ウマイヤ朝)、首都コンスタンチノーブル包囲

フランク王国(フランス)
王家メロヴィング家が衰退

 このころ、フランスを支配していたのは、フランク王国である。6世紀にはアルプス山脈以北(ドイツ・フランス)の全域を支配していた。

 フランク王国は、メロヴィング朝の時代である。しかし、分割相続で親族同士の対立が激化。フランク王家メロヴィング家は衰退していた。13年には、ロータル2世が内乱を鎮めたが、ロータル2世が亡くなるとまた対立は激化した。

 代わりに台頭したのが宮宰をつとめるカロリング家であった。宮宰は、フランク王国で最高位の役職で87年には宮宰ピピンが実権を握るようになる。

キリスト教とイタリア

 6世紀に西ローマ帝国が滅亡したイタリアの状況はどのようになっていたのだろうか。6世紀から7世紀にかけて様々な勢力によって分裂していた。

 北イタリアは、ビザンツ帝国から独立したランゴバルド王国。中央部は、東のラヴェンナ地方にビザンツ帝国の総督領が、西のローマにはローマ教皇領があった。それ以外も分裂していた。イタリアの南、北フリカのチュニジアは、7世紀末にイスラム勢力(ウマイヤ朝)に入った。

 フランク王国は8世紀にローマ教皇の要請に基づいて分裂状態のイタリアへ侵攻していく。

カテゴリー
イギリス史 未分類

7世紀のイギリス キリスト教の伝来

7世紀、日本は飛鳥時代聖徳太子の時代から大化の改新を経て天武・持統天皇の時代である。

 この頃、イギリスはアングロ=サクソン七王国の戦乱期であった。この時期にアングロサクソン人はキリスト教を信仰するようになった。

アングロ=サクソン七王国の戦乱期

 8世紀はアングロ=サクソン七王国の戦乱期であった。その中で8世紀最も力を持っていたのは、北部のマーシア国であった。
 アングロ=サクソン人は、5世紀にイングランドを征服。当時は国家が形成されていたなかったが、小国が乱立するようになる。6世紀に入ると7つの国へ絞られていった。この七王国をアングロ=サクソン七王国ヘプターキー)と呼ばれるようになる。
 さて、今回は、アングロ=サクソン七王国キリスト教が布教が始まる様子を見ていきます。
 

7世紀のヨーロッパ

 7世紀最大の出来事はイスラム教の成立である。それまで、中東はビザンツ帝国ササン朝ペルシアで分割されていた。6世紀、ビザンツ帝国はユスティアヌス帝の最盛期で、地中海の再統一を実現した。一方で、ササン朝ペルシアもホスロー1世の最盛期で、中央アジアのエフタルを滅ぼした時代である。しかし、7世紀にはいると、ササン朝ペルシアは滅亡。ビザンツ帝国も、穀倉地帯のシリア、エジプトや地中海の制海権イスラム教徒へ奪われた。

 ビザンツ皇帝レオン1世はこれに危機感を抱いた。そこで、「聖像禁止令」を出した。(ビザンツ皇帝はコンスタンチノーブル教会のトップを兼任していた。)「聖像禁止令」とは、キリスト関連の彫刻や絵画を作ることを禁止した法律である。これに独自路線を歩み始めたローマ教皇は反発した。なぜなら、当時のローマ教会の最大のミッションはゲルマン人への布教であったからである。ラテン語を読めないゲルマン人への布教には聖像は必要不可欠であった。この頃から、コンスタンチノーブル教会(東方正教会)とローマ教会(ローマ=カトリック)の対立は明確化してきた。

キリスト教の布教伝来

カンタベリー大聖堂

 6世紀末、ローマ教皇グレゴリウス1世は、ゲルマン人への布教を積極的に進めた。イングランドへ修道士が派遣された。彼らはイギリス南東部のカンタベリーに拠点を置いた。現在、ここにはカンタベリー大聖堂がある。修道士たちは南部のジュート人やサクソン人から布教を開始した。

 ちなみに、新興宗教の流行は戦乱期によく起こる。イングランドキリスト教伝来もアングロ=サクソン七王国の戦乱期に発生している。日本のカトリック伝来も16世紀の戦国時代に広まったし、中国の仏教伝来も、4世紀の五胡十六国時代に広まった。
 

アイルランドイングランドの宗教対立

 イギリスの先住民(アイルランドウェールズスコットランド)はすでにキリスト教を信仰していた。特にアイルランドには修道院を中心として教会組織が確立していた。そのため、ローマ教皇をトップとしたイングランドの教会組織としばしば衝突した。