紀元前6世紀のギリシャ アテネの民主化

紀元前6世紀のギリシャ

紀元前、6世紀のギリシャは、地中海沿岸や黒海沿岸に数多くの植民市を建設し、地中海交易が盛んになっていた。

ギリシャは3つの身分で構成されていた。政治と軍事を担う貴族、奴隷などを利用して農業・商業などをおこなう市民、そして奴隷である。

 紀元前6世紀になると市民の間に格差が生まれ始める。富裕市民の中には自前で武具を買いそろえられるものが現れた。かれらは騎兵になることはできなかったが、重装歩兵として戦に出るようになった。兵隊になる市民はやがて参政権を求めるようになった。これにより、富裕市民と貴族の対立がはじまり、ギリシャは民主化へ向った。

アテネとスパルタ

アテネ

スパルタ

クレイステネスの改革

 ペイシストラトスの僭主政治がおわると、クレイステネスが政権を握った。彼らは独裁者復活しない仕組みを作りだした。これが陶片追放(オストラキスモス)である。

 また、血縁(世襲)による旧来の部族性を排して、地縁共同体による部族性に改めた。

ペイシストラトスの僭主政治

 6世紀半ばになると、僭主と呼ばれる独裁者が現れ始めた。その代表例がアテネのペイシストラトスである。

 ペイシストラトスは、中小農民の保護を行い、彼らの支持を集めた。彼らの支持により政権を握り続けることができた。世界初のポピュリズムといっても問題ないだろう。

ソロンの改革

 血縁(貴族か市民か)ではなく、財産の大小によって市民の参政権を定めた。(財産政治)

 かわりに、徳政令のように負債を帳消しにした。さらに、借財を負った市民を奴隷として売ることを禁止した。(債務奴隷の禁止)

そのころトルコは

ササン朝ペルシアの侵攻

リディア王国

世界初の金貨の製造