カテゴリー
アメリカ史

1930年代のアメリカ そもそも世界恐慌とは

世界恐慌は、1929年、ニューヨーク(株価大暴落)から始まった。1930年代シリーズ最終回は、アメリカ史を見ながら、世界恐慌を見ていきます。

繁栄の20年代

 10年代の第一次世界大戦で世界の中心である。ヨーロッパは荒廃した。そこへ物資を供給していたのがあめこのりかであった。

 金融面でも、アメリカの地位は向上した。10年代までは開拓資金のためにヨーロッパから莫大の借金をしていた。しかし、第一次世界大戦が勃発するとヨーロッパ諸国は国債を大量に発行した。これを買い入れたのがアメリカであった。子によりアメリカは債務国から債権国へ変わった。これにともない多くの金融マンがロンドンからニューヨークへ移り住んだ。金融の中心はニューヨークのウォール街となった。

 映画文化が始まったのも、この20年代である。ちなみにミッキーマウスが映画デビューしたのは28年のことである。

ブラックサーズデー

 しかし、20年代も終わりを迎えると、ヨーロッパの千三両も通常通りになった。これにより、物価が急速に低下した。とくに、農産物価格の下落は特に大きかった。そのためニューヨークの投資家は企業の倒産を懸念するようになった。

 29年10月24日木曜日、株価が下がった。この時にニューヨークの投資家はパニックを起こし、株の投げ売りが始まった。これにより株価は大暴落した。

 この株価大暴落は、瞬く間にアメリカ全土に伝わった。多くの市民が銀行へ殺到。預金の引き出しを行った。これにより多くの銀行が倒産。銀行からの資金引き上げで企業も倒産。街には失業者があふれた。これが金融恐慌である。

 フーバー大統領は、預金封鎖を行い事態を収拾した。しかし、この時代、減税や公共事業で景気が回復するという考えた方は一般的ではなかった。フーバー大統領はただただ景気回復を祈ることしかしなかった。現在(2020年)のコロナウィルスへの対応と同じ状況であった。

民主党ローズヴェルト大統領

 この不況下の32年の大統領選挙では共和党は敗戦。明死守等のF=ローズヴェルト大統領が当選した。F=ローズヴェルト大統領は、最新のケインズ経済学を採用した。

 公共事業をバンバン行い、失業者を減らした。社会保障を充実させた。また、金本位制を停止し、金融緩和を行った。これらの制作によって、何とか景気は回復した。この後、1980年代のレーガノミクスまで公共事業で景気を回復させる考え方は一般的になっていく。

ヨーロッパからの資金引き上げ

 20年代、ドーズ案で、アメリカからドイツへの投資が行われた。ドイツは、これを復興資金にするとともに、フランス・イギリスへの賠償金に充てられた。イギリス・フランスはこの賠償金で、投資を行うとともに国債の償還に使われた。この国債を保有していたのがアメリカであった。

 しかし、世界恐慌が起こるとアメリカからの資金がストップした。これにより、世界恐慌はヨーロッパに波及した。これはアジアアフリカの植民地へも波及。世界的な恐慌となった。

アニーの舞台

 アニーの舞台は33年のニューヨークの孤児院である。当時のニューヨークは失業者があふれ、暗くなっていた。それを明るくしていくのが少女アニーである。ちなみに、アニーではF=ローズヴェルト大統領の前で歌うシーンがある。

作成者: sekaishiotaku

初めまして、sekaishiotakuです。世界史好きの一般会社員です。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です