カテゴリー
トルコ・ギリシャ史

1世紀のローマ帝国

悪君ネロ帝

キリスト教の大迫害

 キリスト教の大迫害を実施。伝道師ペテロやパウロが殉職したのもこのころである。

 キリスト教徒らの怨霊は、ヴェスヴィオス火山を噴火させた。この噴火によってポンペイの街は火山灰で埋没した。

 ペテロやパウロも、当時ローマで布教活動を行っており、ネロ帝によって処刑された。ローマにあるペテロの墓には、4世紀に、コンスタンティヌス帝がサン=ピエトロ教会が建てられた。現在まで続くローマ=カトリックの総本山である。

ユダヤ戦争

 このころ、ユダヤ民族は反乱を起こした。ネロ帝はこの反乱を鎮圧させた。この戦争によってユダヤ民族は世界各地へ離散した。

キリスト教の歴史

ユダヤ人の宗教から世界宗教へ

 イエス=キリストが処刑されると、キリストの弟子(使徒)がキリスト教の布教を進めた。その主な拠点は小アジア(トルコ)であった。主に布教の中心は、ペテロパウロであった。

 ペテロは、イエス=キリストの弟子であり、ユダヤ人を中心に布教した。一方、パウロはイエス=キリストが敵視していてパリサイ派に属していた。イエス=キリストの処刑後にキリスト教へ改新した。パウロはパレスチナではエリート層であり、ローマ市民権を持ち、ギリシャ語も話せた。そのため、ユダヤ人だけでなく非ユダヤ人にも布教を行った。

預言者 イエスキリスト

 西暦1年はイエス=キリストが生まれた年とされている。イエス=キリストは、神からの預言を受け、ユダヤ教の改革運動を展開した。この改革運動は、ユダヤ人の貧困層に広まった。

 当時ユダヤ教の主流派であったパリサイ派は、ローマ帝国の提督にイエス=キリストの処刑を進言。30年、イエス=キリストは処刑された。

 これがきっかけに、ユダヤ人は各地で迫害を受けるようになった。

1世紀のユダヤ民族

 ユダヤ民族は、一神教であるユダヤ教を信仰していた。

 1世紀、ユダヤ民族はローマの属州で生活をしていた。当時のユダヤ教をうごかしていたのがパリサイ派であった。パリサイ派は、律法を遵守することを重んじた。裕福な人々は律法を守ることはそれほど苦ではなかったが、貧困層にとっては律法を守ることはかなりの苦行になった。

作成者: sekaishiotaku

初めまして、sekaishiotakuです。世界史好きの一般会社員です。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です