14世紀のイタリア 都市共和国とローマ教皇

前回の復習 15世紀のイタリア

 16世紀のイタリアのテーマは、宗教改革とルネサンスである。前回は、グレゴリウス暦を作ったグレゴリウス13世について見ていきました。

 今回も、テーマはローマ教皇である。グレゴリウス13世について見ていきます。

都市共和国

教皇派(ゲルフ)vs 皇帝派(ギベリン)

 11世紀から14世紀にかけて、イタリアでは教皇派と皇帝派の対立が続いていた。

 その始まりは、叙任権闘争であった。叙任権をめぐりローマ教皇と神聖ローマ皇帝(ドイツ皇帝)が争った。

 神聖ローマ帝国から独立したい大商人たちはローマ教皇側について、神聖ローマ皇帝と戦った。これに対し、中小の貴族は、自らの地位を教皇派に奪われないように皇帝派に就いた。これにより、教皇派と皇帝派の対立が始まった。

教皇派(ゲルフ)皇帝派(ギベリン)
都市共和国
大商人
中小都市
封建領主(貴族)
ミラノ(ロンバルディア同盟)
フィレンチェ
ナポリ
ヴェローナ
ピサ
シエナ

ヴェネツィア vs ジェノヴァ

 80年、ジェノヴァ共和国は、キオッジアの海戦でヴァネツィア共和国に敗北。ヴァネツィア共和国は、地中海の制海権を得、東方交易を独占した。

 一方、ジェノヴァの商人たちの一部は、ポルトガルやスペインにわたり、15世紀の大航海時代の基礎を築いた。その一人がコロンブスであった。

 14世紀末、イタリアは5つの国家に集約された。ミラノ公国、ヴェネツィア共和国、フィレンツェ共和国、ローマ教皇国とナポリ王国である。

フィレンツェ

 イエズス会は、34年に成立

ミラノ大聖堂

 ローマ教皇は、ローマ教会のトップである。ローマ教会は、1世紀にローマで殉職したペテロの墓の上にある。そのため、ローマ教皇はペテロの後継者を主張している。

 5世紀、レオ1世がフン族のアッティラ大王を説得。これによりローマ教皇の地位は高まった。11世紀には、今日改革を実施。神聖ローマ皇帝と叙任権闘争を展開。13世紀末のインノケンティウス3世の頃に全盛期を迎えた。しかし、十字軍に失敗。14世紀初頭にはアナーニ事件と教皇のバビロン捕囚でローマ教皇権の衰退が露呈した。

文化

人文主義

 ローマ教皇領の始まりは、8世紀のピピンの寄進である。フランク王国のピピンは、イタリアの中心都市東部のラヴェンナ地方をローマ教皇に寄進した。ローマ教皇は、教会のトップであると同時に、荘園領主の立場でもあった。

 ローマ教皇は、ローマ=カトリックのトップという宗教的権威の象徴である。一方で中部イタリア一帯を治める国王的側面もあった。

羅針盤

 サヴォナローラ

ペトラルカ

ポッカチオ

ピサ公会議

ピサ征服

 地動説とは、現在の科学では常識であるが、地球が太陽の周りをまわっているとする説である。

 一方、天動説は、地球は宇宙の中心にあり、太陽などほかの天体が地球の周りを動いているという説である。

ローマ教皇の没落

教会大分裂

虚構のバビロン捕囚

アナーニ事件

 16世紀前半、マゼラン一行が世界一周を実現。地球が球体であることが証明された。これにより、天動説に疑問が所持始めた。

 同じ頃、ポーランドの天文学者コペルニクスが地動説について研究していた。彼は生前、自分の研究を発表することはせず、死後に発表した。

シチリア王国とナポリ王国

 南イタリアは、13世紀末のシチリアの晩鐘でシチリア王国とナポリ王国に分裂した。

 半島部のナポリ王国は、フランス貴族のアンジュー家がおさめていた。アンジュー家は教皇派(ゲルフ)の立場をとり、周辺の