1800年代の世界 ナポレオン皇帝の戴冠

 1800年代の中心人物は、ナポレオンである。

国別地域別

後の時代 1810年代
 ウィーン体制

前の時代 18世紀後半
革命の時代

年代別後半

1810年

 ナポレオン、オランダを併合。オーストリア皇女と結婚。

 清王朝、アヘンの輸入を禁止。フィリピンはスペイン議会に議員を送る。

 ロシア、国家会議を創設。

 カメハメハ大王がハワイを統一。

1809年

 ナポレオン、オーストリアを屈服。

 イギリス、スペイン領フィリピンにマニラに商館を設置。イギリス、インドのシク教徒とアムリットサル条約を締結。

 ロシア、スウェーデンからフィンランドを奪う。

1808年

 ナポレオンの兄ジョセフ、スペイン国王に。これが原因でスペインで反仏のゲリラ運動が展開される。イギリスはこの時にスペインへ派兵。

 日本の長崎で、イギリス船が狼藉。(フェートン号事件)。間宮林蔵が樺太島を探検。

 オスマン皇帝に、マフムト2世(のちに、ムハンマド=アリーとエジプト=トルコ戦争を戦う。)即位。

 ロシア、スウェーデンと戦争を開始。フィヒテ『ドイツ国民に告ぐ』。

 アメリカ、大統領選挙で民主共和党のマディソンが勝利。第4代大統領へ、奴隷貿易が禁止される。

1807年

 ナポレオン、ティルジット条約でプロイセンを屈服。ポーランド分割で消滅したポーランドが復活。(ワルシャワ大公国)。第4回対仏大同盟解散。

 イギリス、インドのベンガル総督にミントー氏。

 アメリカ、フルトンの汽船が登場。

1806年

 ナポレオン、兄ジョセフがナポリ王、弟ルイがオランダ王になる。第4回対仏大同盟結成。対プロイセン・ロシア戦争が始まる。大陸封鎖令(ベルリン勅令)が出される。この年、イギリス首相の小ピットが亡くなる。

 清王朝、コメの輸出を禁止。

 第3次ロシア=トルコ戦争が始まる。ドイツでライン同盟が結成。神聖ローマ帝国が滅亡。

年代別前半

1805年

 第3回対仏大同盟。10月トラファルガー海戦。12月アウステルリッツ三帝会戦。

 清王朝、キリスト教布教の禁止。

 イギリス、インドで第2次マラーター戦争に勝利。

 ワッハーブ王国(サウジアラビア)、メディナを占領。

1804年

 ナポレオン皇帝が誕生。ナポレオン法典成立。同じ頃、イギリスでは、第2次小ピット政権が誕生。中米のハイチがフランスから独立。

 日本の長崎に、ロシア人使節レザノフ氏が来航。清王朝、四川の白蓮教徒の乱が鎮圧。清皇帝が阮朝の国王をベトナム王に封ずる。

 インドのムガル帝国、イギリスの保護下に。

 ロシア=イラン戦争が始まる。オーストリア、ハンガリーを併合。

 アメリカ大統領選挙では、民主共和党の第三代大統領ジェファーソンが再選。

 ドイツ人作家シラー『ヴィルヘルム=テル』

1803年

 ナポレオン、アメリカにルイジアナを売却。一方、イギリスはアミアンの和約に基づいてエジプトから撤兵した。

 イギリス(オーストラリア)、タスマニア島を領有。

 イギリス、ムガル帝国の都デリーを占領。フランスの商館ポンディシェリを占領。第2次マラーター戦争が始まる。

1802年

 イギリス、第1次小ピット政権が退陣。アミアンの和約が成立。第2回対仏大同盟は解散した。

 ベトナム、阮朝が統一。

 ロシア、官制改革。

1801年

 ナポレオン、ローマ教皇と和解。イギリスは、アイルランドと合併。

 ロシア、オスマン帝国からカフカス地方のジョージアを獲得。ロシア皇帝にアレクサンドル1世が即位。

 ドイツ人作家ゲーテ『ファウスト』

1800年

 ナポレオン、第2次イタリア遠征。フランス銀行を設立。イギリスはマルタ島を占領。スペインからルイジアナを獲得。

 伊能忠敬が北海道(蝦夷地)を測量。

 アメリカ大統領選挙では、連邦派から民主共和党へ。民主共和党のジェファソンが勝利。第三代大統領に。首都ワシントンが完成。