カテゴリー
イラン・ペルシャ史

1880年代のカジャール朝イラン アフガニスタンがイギリスの保護国に

1880年代、日本は大日本帝国憲法が制定され、黒海が開設されたころである。そのころ、イランはカジャール朝の時代である。中央アジアではイギリスとインドがグレートゲームを展開していた。

カジャール朝とは

 カジャール朝は、18世紀末アフシャール朝から独立してイランを統一したトルコ系遊牧民族の国家である。北のロシア帝国やイギリス(インドへ進出)に利権をばらまいたことでイラン国民の支持は低かった。

アフガン王国

第二次アフガン戦争

イランの東隣、アフガニスタンでは、第二次アフガン戦争が終結。第二次アフガン戦争に勝利したイギリス(イギリス領インド)は、アフガン王国から外交権を奪い、保護国とした。

 80年、アフガン王国で反乱。イギリス軍は反乱軍に敗北。イギリスはアフガン王国の直接統治をあきらめた。

その後のアフガン王国

 1918年、アフガン王国は第一次世界大戦で疲弊したイギリスに宣戦。第3次アフガン戦争が勃発。翌1919年、アフガン王国、第3次アフガン戦争に勝利。独立を回復した。

ロシア帝国の中央アジア進出

 アフガンの北東、中央アジアではトルキスタンがロシアの進出に抵抗していた。しかし、81年トルクメンがロシア軍に敗北。ロシアの中央アジア併合は完了した。この地域は、91年のソ連解体までロシアの勢力下になる。

ペルシア帝国銀行設立

 85年、カジャール朝ペルシアでは、イギリス資本によりペルシア帝国銀行を設立。カジャール朝ペルシアは、通貨発行権を認めた。また、89年には、同行へ石油採掘権を与えた。これにより、カジャール朝ペルシアは、イギリスに財政・金融を支配されるようになる。これが1891年のタバコボイコット運動につながる。

作成者: sekaishiotaku

初めまして、sekaishiotakuです。世界史好きの一般会社員です。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です