14世紀 ペストとの戦い

14世紀、日本は室町時代である。国際的には大転換期を迎えていた。このころ、ヨーロッパでは黒死病(ペスト)が大流行した。

13世紀 モンゴルの世紀

 13世紀はモンゴルの世紀である。チンギスハンが、東欧から中国全土を征服した。これにより世界はグローバル化した。これにより多くの病原菌ももたらされた。

 一方で、ヨーロッパでは十字軍が行われた。後半はほとんど失敗し、これによりローマ教皇の権威は衰えた。

15世紀

 東アジアでは、明王朝で永楽帝が即位。明王朝が成立した。一方で、英仏百年戦争が勃発。有力貴族が没落し、王権が強まった。

各国の歴史

次のページから、10年ごとに14世紀を見ていきます。