1820年代の世界 ギリシャの独立

 19世紀前半のヨーロッパは、市民革命の真っただ中にあった。

国別地域別

後の時代 1830年代
 エジプト=トルコ戦争

前の時代 1810年代
ウィーン会議

年代別後半

1830年 七月革命

 オランダ植民地のインドネシアでジャワ戦争が終わる。強制栽培制度が導入される。

 ロシアと同君連合のポーランドで大反乱。

 イギリスでは、ウィリアム4世が即位。トーリ党の分裂により70年ぶりのホイッグ党政権が成立。グレー首相が誕生。マンチェスター~リバプール間に鉄道が建設。フランスは、アルジェリア出兵。七月革命で七月王政が成立。オーストリアでは、七月革命の影響を受けて自由主義運動が起こる。

 アメリカでは、ジャクソン大統領がインディアン強制移住法を制定。中南米では、ベネズエラとエクアドルが独立。

1829年

 ムガル帝国(インド)、サテイ―(寡婦の殉死)を禁止。

 ギリシャ、オスマン帝国から独立。

 イギリスで、カトリック教徒解放法が成立。

1828年

 日本で、シーボルト事件が起こる。

 清王朝、ウイグルの反乱を鎮圧。

 オランダ、東南アジアにニューギニア植民地。イギリス、ベンガル総督のアマーストを解任。

 カジャール朝(イラン)は、第二次トルコ=イラン戦争でトルコ=マンチャーイ条約を締結。東アルメニアを割譲し、治外法権を与える。ロシア=トルコ戦争が始まる。

 イギリス、審査法を廃止。ドイツでは、プロイセン関税同盟、中部ドイツ関税同盟、南ドイツ関税同盟が結成。

 アメリカでは、メキシコと国境を画定。大統領選挙では初の西部出身で民主党のジャクソン大統領が勝利。中南米では、ウルグアイが独立。

1827年

 清王朝(中国)、漢風俗化禁止を強化。

 ギリシャ独立戦争では、蒸気船が導入されたナヴァリ海戦。ギリシャ独立軍はオスマン帝国に勝利。

 オーストリアの音楽家ベートーヴェン死去。ドイツの科学者オーム氏がオームの法則を発見。

1826年

 イギリス、第1次ビルマ戦争が終結。海峡植民地が成立。

 第二次ロシア=イラン戦争が始まる。オスマン帝国では、イエニチェリ制度を廃止。

年代別前半

1825年

 日本、異国船打払令を出す。

 イギリス、オーストラリア開拓を始める。

 ロシア、デカプリストの乱を鎮圧。

 イギリス、蒸気機関者が実用化。フランス国王に、シャルル10世が即位。オーストリアは、ブレスブルクの国会開催承認。

 中南米で、ボリビアが独立。

1824年

 イギリス、第一次ビルマ戦争が始まる。マラッカ、シンガポールを領有。

 アメリカ大統領選挙では、民主共和党のアダムスが勝利。ロシア(アラスカ)とアメリカの国境を画定。

 オーストリアの音楽家ベートーヴェンが「第九交響曲」を発表。

1823年 スペイン立憲革命

 シーボルト、来日(長崎来航)。

 清王朝(中国)、アヘンの栽培を禁止。

 イギリス、ベンガル総督にアマースト就任。

 アラビア半島で、第二次ワッハーブ王国が復活。

 スペイン立憲革命。フランスはこれに軍事介入。イギリスは、フランスの介入に反発し、五国同盟を脱退。プロイセンでは、地方会議招集。

 アメリカの一般教書演説でモンロー教書が発表。中南米では、中央アメリカ共和国が独立。

1822年

 ミャンマー、アッサムを占領。

 エジプト、地中海のクレタ島を獲得。

 イギリスで、カニング内閣が成立。独立戦争中のギリシャは、独立宣言を発表。

 中南米では、ポルトガル植民地であったブラジルが独立。ブラジル帝国が成立。

1821年

 朝鮮半島で疫病が流行。

 ギリシャ独立戦争が始まる。

 ナポレオン元フランス皇帝、流刑地のセントヘレナ島で死去。メッテルニヒ氏がオーストリア首相兼外相となる。

 中南米で、メキシコとペルーが独立。

1820年

 清王朝(中国)皇帝に、宣帝(道光帝)が即位。

 イギリス国王に、ジョージ4世が即位。北イタリアのナポリでカルボナリ革命。

 アメリカではミズーリ協定が成立。大統領選挙では民主共和党のモンロー大統領が再選。