カテゴリー
日本史

1980年代前半の衆院選 ロッキード事件と中曽根政権

83年12月 ロッキード事件判決選挙

中曽根政権

 80年のハプニング解散で自民党が勝利。鈴木首相が誕生した。

 82年11月、中曽根政権が誕生した。

ロッキード事件判決

 83年7月、中曽根政権は、高支持率を背景に衆参同日選挙を行うものと思われた。しかし、これを避けた。

 83年10月、ロッキード事件の第一審判決が出た。有罪で実刑判決

河野氏の新自由クラブとの連立

 中曽根首相は、衆院選で敗北。追加公認で何とか過半数を確保した。しかし、安定多数を確保することができなかった。そのため、河野洋平氏らの新自由クラブと連立政権を組んだ。

 安定多数とは、すべての委員会で過半数を取れる議席数である。各委員会で過半数を確保することで議会運営が容易になる。(委員会とは、本会議前に法案等を審議する場所。通常委員会で可決されないと本会議で審議されない。)

新自由クラブとは、

作成者: sekaishiotaku

初めまして、sekaishiotakuです。世界史好きの一般会社員です。よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です